今日も見舞い

2017/12/10

朝方大工さんたちを手伝ってリフォーム作業継続。といっても、畳や家具の配置をあーだこーだといったり、少し力を貸す程度ですが。畳って、場所重要で、位置だけじゃなくて向きも違っているとなかなかうまく入りません。
年代物の畳なので、箪笥(と漢字で書きたくなるようなうん十年もの)や掘りごたつの痕も鮮やかに残っているので、その辺は比較的楽なところもありました。多少ずれている気もするけれど、まぁいいか。
午後からは父親の病院へ。今時の手術では取ったら翌日から歩くように指導する症例もあるそうで、父親の場合も歩け歩けといわれています。ベッドの周りを数歩歩いていました。明日尿管、明後日血液の管を取るそうな。
GW前の検査入院が終わるときに説明を受けたときの父親は年相応(70)に老けていたのに、今日あったら以前と同様の50台か!と思うくらい若々しさが復活していてちょっとびっくり。
とりあえず問題なさそうなので、明日帰京。飛行機で帰ろうかなと思ったけれど、10時くらいの飛行機はもうなかった…ANA派なので、JALは乗る気なし(単にマイレージの都合)。仕方ない、新幹線で帰るか。15時くらいには部屋に戻りたい。